腋臭とわきが対策

わきが手術の体験談と手術後の後遺症

腋臭とわきが対策

.

腋臭の原因を排除してわきが対策

汗

腋臭の原因はアポクリン汗腺ですが、アポクリン汗腺は思春期頃から活発になり、子供でも腋臭の強いこともあります。アポクリン汗腺が多いということは遺伝する場合もあるので、親子や兄弟にも見られることも少なくありません。アポクリン汗腺から出た汗は、粘液性なのでわき毛に溜まります。これを皮膚表面についた細菌が栄養として繁殖し、汗を分解することで脂肪酸やアンモニアを作り、これが腋臭の原因となるのです。わきが対策としてはわき毛を処理しておくことは必要です。また、細菌が繁殖しないようにするためにも、わきの下を常に清潔に保つことがわきが対策になるのです。特に夏などは汗をかきやすいので腋臭はもっとひどくなります。夏は特にこまめにわきの下を拭いたり、汗をかかないようなわきが対策が必要です。


ページのトップへ ▲

レーザー脱毛でわきが対策

わき毛

腋臭の原因である雑菌は、わき毛が毛穴に付着する部分に多く存在します。細菌にとっては、アポクリン腺が分泌する皮脂やタンパク質は絶好のえさになるのです。わきが対策として脱毛をするというのは、細菌が付着する表面積が減少し、分泌物が通るアポクリン腺の導管の出口が狭くなることもあり、細菌の繁殖が抑えられるということ、そして腋臭を減らすことになるのです。特にレーザー脱毛はわきが対策になります。毛根、毛乳頭や皮膚や血管など、さまざまな部分を生み出す幹細胞をレーザーによって破壊できるともいわれています。幹細胞はアポクリン腺などの汗の腺だけでなく、脂肪を分泌する脂腺の発達を促すともいわれているので、レーザーによって破壊することで腋臭の原因がなくなり、わきが対策にもなるというわけです。


ページのトップへ ▲

オロナインが効果的?

薬

腋臭をおさえるグッズとしてパウダーやスプレーなど色々ありますが、どれが最も効果的なわきが対策になるのでしょうか?腋臭に対して最も効果的とされているのは、軟膏タイプの塗りこみ式の薬といわれています。皮膚に塗りこむことで、殺菌作用が増し、パウダーやスプレーよりも効果の持続時間が長いとされています。ただし、注意したいのは、再度塗りこむ時は、わきの下についた汗などはきれいにふき取ってから塗りこむようにしましょう。軟膏といえば、皆さんがよくご存知のオロナイン軟膏は腋臭の予防になります。オロナイン軟膏には、殺菌作用があるので、腋臭予防になり、わきが対策に効果的な軟膏といえるのです。


ページのトップへ ▲

| ホーム | わきがってどんな病気? | わきがの原因は? | わきがって治るの? | 簡単にできるわきが予防対策 | わきが治療の方法 | わきが手術の方法 | わきが手術の体験談 | わきがの手術後の後遺症 | わきが手術で失敗しないために | わきが手術と保険適用 | わきが手術の費用はどのくらい? | わきが治療の方法は | わきがと多汗症の治療方法の違い | わきがの治療薬を教えて | わきが治療と保険適用について | すそわきが治療がわかる! | わきがのレーザー治療 | 子供のわきが治療・対処法 | 腋臭とわきが対策 | わきがの臭いと臭い消し |

Copyright (C) わきが手術の体験談と手術後の後遺症 All Rights Reserved.