わきが手術の体験談

わきが手術の体験談と手術後の後遺症

わきが手術の体験談

.

わきが手術は痛みを伴う?

わきが手術によって得られる効果というのは、手術前のにおいが8〜9程度消える、というものです。なぜ10にならないかというと、皮膚の下の組織を取り過ぎると、皮膚の一部が死んでしまい、傷跡が残ってしまうからです。皮膚が生きていく上で最小限必要な組織を残すため、その部分にあるアポクリン腺の一部を残す必要があるのです。そのため、においは完全には取りきれないのです。また、体験談によるとわきが手術の後は、かなりの痛みを感じる患者さんもいます。それでも、わきが手術に踏み切るきっかけというものは、どのようなものなのでしょうか?体験談を紹介しましょう。


ページのトップへ ▲

保存療法に満足できず手術に踏み切った男性の体験談

男性の体験談

会社員のある24歳の男性の体験談です。この体験談の男性は自分でわきの下のにおいを気にしていて、日頃から制汗剤やデオドラントスプレーなどを使用して、においに気を遣っていました。しかし、制汗剤の使い過ぎやシャワーの時にわきの下を強くこすり過ぎたため、毛嚢炎を起こしていまいます。夏になり、汗を大量にかくとさらにわきがのにおいが気になり、病院に行ったのです。体験談によるとまずは、わきが手術の前に、保存療法とともに毛嚢炎を治療していきました。この結果、においは以前より軽くなったのですが、仕事などで忙しい日々続くと、保存療法もおろそかになり、次第にわきがのにおいが気になりだし、1回、しっかりと手術を受けておきたいと、わきが手術に踏み切ったのです。


ページのトップへ ▲

体験談を参考にわきが手術を考える

手術後の動作制限

体験談によると、わきが手術に踏みきれない理由として、手術後の動作制限があります。わきが手術後、抜糸までの約1週間は、腕を自由に動かすことができないのです。わきが手術の後は、食べること、寝ること、トイレなどはできるのですが、わきを激しく動かすことや重い荷物を持つことなどは避けなければなりません。車の運転も急な動作ができないため、危険なので避けなければなりません。こういった日常生活上の不自由さを少しでも軽減させるため、24歳の男性の体験談によると、わきが手術を片方ずつ行うことで両腕が完全に動かなくなる不自由を避けたのです。また、片方ずつ行うことで、わきが手術の効果を確かめることができます。体験談においては、1ヵ月おいてもう片方のわきが手術を行い、現在では普通に日常生活を送っている様子です。


ページのトップへ ▲

| ホーム | わきがってどんな病気? | わきがの原因は? | わきがって治るの? | 簡単にできるわきが予防対策 | わきが治療の方法 | わきが手術の方法 | わきが手術の体験談 | わきがの手術後の後遺症 | わきが手術で失敗しないために | わきが手術と保険適用 | わきが手術の費用はどのくらい? | わきが治療の方法は | わきがと多汗症の治療方法の違い | わきがの治療薬を教えて | わきが治療と保険適用について | すそわきが治療がわかる! | わきがのレーザー治療 | 子供のわきが治療・対処法 | 腋臭とわきが対策 | わきがの臭いと臭い消し |

Copyright (C) わきが手術の体験談と手術後の後遺症 All Rights Reserved.