わきがのレーザー治療

わきが手術の体験談と手術後の後遺症

わきがのレーザー治療

.

わきがのレーザー治療とは?

レーザー治療

レーザー治療は、メスを使わない治療として注目を集めています。わきがのレーザー治療は、1mmの細長い器具を汗腺のある深さまで挿入し、皮膚を裏で持ち上げながら、レーザーを汗腺に照射し治療する方法です。わきがのレーザー治療は、真皮や表皮、血管などに影響を与えず、脂肪や汗腺の細胞膜だけを破壊するので、皮膚への負担は軽く、わきがの原因であるアポクリン腺やエクリン腺を破壊することができるのです。最近のわきがのレーザー治療は以前よりも効果が高くなっています。以前のわきがのレーザー治療では、汗腺を完全に破壊することが困難だったようですが、最近では目視で汗腺を破壊していくようになったからです。メスの使用もないため、傷跡も残りません。体への負担も軽いため、仕事などへの復帰も、手術による治療よりも早くできます。


ページのトップへ ▲

レーザー治療の効果

医療機関

わきがの治療効果も高く、体への負担も少ない、安全性も高いと注目されているわきがのレーザー治療ですが、一方ではその効果について疑問視する声もあります。元々、レーザー治療とは永久脱毛を目的として考えられた治療法なので、わきがのにおいを全てなくすことはできないといわれることもあります。その効果については、医療機関でよく確認してみましょう。また、わきがのレーザー治療の安全性については、軽い火傷などの危険性が全くないとはいえません。色素沈着などの危険性もあります。そういったトラブルが生じた場合にすぐに対応してくれる医療機関を選ぶことが必要です。また、わきがのレーザー治療は、機器の扱いに慣れた、症例数の多い、技量の確かな医師のいる医療機関で行うようにしましょう。


ページのトップへ ▲

専門医が担当するレーザー治療

外科医

オザキクリニックにおいては、アキシラレーザーとボトックスを組み合わせたわきがのレーザー治療を行っています。ここでは、患者さんとのインフォームドコンセントに力を入れ、手術内容やリスクまで納得のいく説明を行います。形成外科のトレーニングを積んだ熟練した形成外科医が担当し、アフターケアもしっかりしてくれます。レーザー治療の内容としては、アキシラレーザーは、針の穴からカニューレの挿入が可能で、術後の傷跡がほとんど残りません。皮膚の裏側から皮下にあるアポクリン腺に直接照射するため、効率的にアポクリン腺を破壊することができます。さらにボトックスを組み合わせることで汗腺からのにおいも取り除くことができるという内容です。わきがのレーザー治療は、バクテリア消失効果もあり、1回の治療で高い効果が見込まれるといわれています。


ページのトップへ ▲

| ホーム | わきがってどんな病気? | わきがの原因は? | わきがって治るの? | 簡単にできるわきが予防対策 | わきが治療の方法 | わきが手術の方法 | わきが手術の体験談 | わきがの手術後の後遺症 | わきが手術で失敗しないために | わきが手術と保険適用 | わきが手術の費用はどのくらい? | わきが治療の方法は | わきがと多汗症の治療方法の違い | わきがの治療薬を教えて | わきが治療と保険適用について | すそわきが治療がわかる! | わきがのレーザー治療 | 子供のわきが治療・対処法 | 腋臭とわきが対策 | わきがの臭いと臭い消し |

Copyright (C) わきが手術の体験談と手術後の後遺症 All Rights Reserved.